HIDキットと車検制度


現状の車検制度は国の管轄でいつも問題となるのが縦割り行政です。

経産省と国交省などとの連携でもって国民の利益を考えた行政が行われば車検制度も見直す点が多々おります。

その一例がLEDライトの問題まだまだ車検に通りません。
安全のため、小エネルギーのためにもLEDは許可されるべきです。
特にバイク車検では許可されません。
バイクこそ安全を考えるならば許可するべきです。
仕方なくバイクユーザーはHIDキットを取りつけています。

が、バイクのHIDキットは非常に種類が多く、又バルブも多彩で車検の必要ない車種では好みで問題ないですが、車検を受けるとなるとこれまた大変でバルブの色、カンデラ、ハイビームロービーム切り替え方式なだど選択しなくてはなりません。
LEDがなぜ検査パスしないか、それはライトの色度の問題です。
12000などと言う色度では通りません。
6000から7000ぐらいが通りやすい目安です。
HIDキットを選ぶ際はこのくらいの色度が通りやすい。
昨今粗悪な中華製品が大量に出回っております。そんなのをご自身で取り付けようものなら、痛い目にあいます。
カー、バイク情報誌を又、ネットで、取り付けもしてもらえるメジャーなショップでの購入が一番です。

http://garageboso.com/

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress