薄毛はセーフ、薄毛で卑屈になるのがアウト


薄毛を気にする男性、私のまわりにもいます。たしかに髪の毛の有無で見た目の印象はかなり変わるし、ぱっと見て分かってしまう短所(?)なので気になる気持ちも分かります。

でも、女性からすると薄毛そのものよりも薄毛に対してコンプレックスを抱いて卑屈になったり、薄毛を隠そうとして明らかに不自然な髪型にしたりする往生際の悪さのほうが印象の悪さにつながることの方が多いんですよね。その他の部分で十分カバーできるのに、薄毛=人生終わった、みたいに勘違いしている男性は本当にもったいないと思います。まず、薄毛であるという事実を受け入れること。そして、薄毛をネタにするまではいかなくても表面だけでも常に朗らかで明るくしていて欲しいです。薄毛以外のコンプレックスでもそうだと思いますが、気にしすぎるあまり暗かったり卑屈だったりするとその欠点が余計に際立って見えるし、逆に堂々としている方がこちらも欠点を意識しにくくなる気がするし、明るい愛されキャラになれば欠点もむしろ武器になるのではないでしょうか。あと、薄い部分を目立たなくするためにいっそ坊主頭にしてしまうのもありかと思います。最近はオシャレであえて坊主にしている人もいるし、これはすごくマニアックな個人的な意見ですが、頭の形の良い人が坊主にしているとちょっとときめきます(笑)。暗くて卑屈な薄毛より、堂々と明るい薄毛を目指してください。髪型については、薄毛隠しで不自然な髪型にするくらいならいっそ潔く坊主にしてしまった方が逆に新たな魅力になるかもしれませんよ。そうはいっても悩みは尽きないと思います。気軽に相談できる専門家がいるといいですね。AGAヘアクリニックは、スマホによる遠隔診療で有名なAGA専門のクリニックですが、相談も無料でできるようなので、悩んで卑屈になるくらいなら相談だけでも受けたほうがいいですね。

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress