リバウンドで体重が増える原因


ダイエットをする時にはリバウンドに注意しながら実践することをおすすめします。
ダイエットをする時には、どうしリバウンドが発生するものなのかを認識した上で、
体重を管理することが大切なポイントになります。

人間の体には誰でも、ホメオスタシスという機能が備わっています。
この機能が正常に機能していればリバウンドが起きます。
食事制限によるダイエットを行った時に、ダイエットを始めた頃は順調に体重が減ったのに
ある時期からなかなか体重が減らなくなったという経験をしたことがある人は多いと思います。

人体がまともに機能していれば、急に体重が減ると危機的状況と認識し、
体重がこれ以上減りにくくなるよう働きかけます。
停滞期は、ダイエットをした人なら当たり前のように知っている言葉ですが、
リバウンドとは意味が異なります。

ホメオスタシスとは、体に少量のエネルギーしか入って来ない期間が続くと、
エネルギーの消費量を抑えて体を維持しようとする働きのことをいいます。
ホメオスタシスが働くと、エネルギーを使う機能が抑制されますので、体重が減少しづらい体質になります。

せっかくダイエットを頑張っても、停滞期に入って体重が減りにくくなるとモチベーションが下がってしまい、
ダイエットをやめてしまうこともあります。
ダイエットを中断した場合でもホメオスタシス機能は働き続けるので、
体はエネルギー消費量が少なくなった状態のままです。
ホメオスタシスの影響でエネルギーの消費量を控えている体に、
ダイエット前と同じくらいの食事量にすると、リバウンドが起きやすくなるでしょう。
リバウンドが起きると減った体重が戻るのは、身体の諸機能が体を守りたいがために起こす反応であるためです。

スリムエネマはダイエットに大切な腸内環境の正常化をしてくれますよ!

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress